宇佐神宮で夏越の大祓が行われ、訪れた人たちが疫病退散や無病息災を祈願しました。

宇佐市の宇佐神宮では毎年6月30日に伝統行事の夏越の大祓を行います。

知らず知らずに犯した罪を祓い心身を清めるための神事で起源は神代までさかのぼるとされています。

参道には茅の葉で作られた直径およそ2メートルの「茅の輪」が設けられ、参拝者が輪の中を通って、疫病退散や無病息災を祈願しました。

今年の夏越の大祓には、新型コロナの終息を願う多くの人たちの願いも込められました。