新しい副知事に厚生労働省出身の黒田秀郎氏が1日就任し「福祉と医療分野に尽力したい」と抱負を述べました。

新しく副知事に就任した黒田秀郎氏は福岡県出身の52歳で、東京大学法学部を卒業後、1991年に当時の厚生省に入省。

少子化対策企画室長や老健局総務課長などを歴任しました。

1日に開かれた就任会見で、黒田副知事は「県民のために福祉と医療分野に尽力していきたい」と抱負を述べました。

また、新型コロナで打撃を受けている観光産業についても回復に務める考えを示しました。

任期は4年間です。