定例県議会は新型コロナウイルス対策事業としておよそ166億8千万円の補正予算案などを可決し閉会しました。

県議会最終日のきょう広瀬知事は新型コロナ対策事業として166億8千万円余りの補正予算案を追加上程しました。

予算案には短時間で判定結果が得られる新たなPCR検査機器を県内14の病院に導入する整備費用などにおよそ39億円。

医療従事者などに最大20万円の慰労金を支給するなどの事業におよそ70億円。

県立学校の学習環境緊急整備事業におよそ18億円などが盛り込まれています。

原資は国の地方創生臨時交付金などが充てられます。

委員会審議の後採決が行われ一般会計補正予算案は全会一致で可決されました。