文:伊東和彦/Mobi-curators Labo.
写真:トヨタ自動車株式会社 GAZOO Racing Company

トヨタ自動車GAZOO Racing Companyが、「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、2000GTの補給部品を復刻し、国内外に販売することは、この『Octane web』でも、7月6日に第一報を掲載した。同プロジェクトとしては、2019年5月に明らかにされたA70型とA80型スープラに続くもので、2000GTが企画第二弾となる。今回の続報では、この計画を進めているGRスタッフへのインタビューをおこない、その内容をさらに少し詳しくお伝えする。

8月1日からオーダー受付開始
2000GTについては、2020年8月1日から、順次、TGR Webサイトにて情報の公開がはじまり、オーダー受付を開始。純正部品と同様にトヨタの販売店で購入できるようになる。ただし、クラシックカーであることから、車両オーナーのみ、車両あたり数量制限付きでの販売となる。

トヨタ2000GTは、1967年から1970年の生産終了までに、337台が生産されたに過ぎないが、9割ほどが現存しており、日本国内には200台が残っているのではないかと推測されている。中には休眠状態の車もあるだろうが、今回の部品復刻生産が呼び水となって、再び路上に戻ってくることが期待される。

まず、ギヤ関係から復刻
8月1日から順次、販売される復刻部品の品目は、5段マニュアルトランスミッション(以下、5MTと表記)用と、デファレンシャル(以下、デフ)・ギヤ関係部品で、ともに新規部品の入手が望まれていたものであった。今後の計画では、すでにブレーキ関連部品などが、次期有力候補に挙がっている。さらに、TGR Webサイトやオーナーズクラブなどからユーザーの希望を聞き、復刻する部品を決定し、供給できる範囲を増やしていく計画だという。2000GTは発売から2年後の1969年8月にマイナーチェンジして後期型に発展しているが、外観の変更箇所は少なかったものの、機構面については広範囲にわたって改良が施されていた。

復刻されたパーツの数々と生産現場

5MTとデフに限ってみても、前期と後期型では、強度を増すためにギヤのサイズアップのほか、5MTでは変速比の変更などが施されているため、復刻すべき部品は多岐にわたるが、それら両方を用意して、ユーザーの声に応えている。デフに関しては、生産の手順が先に整った後期型から9月を目処に販売を開始し、その後、前期型が加わることになっている。

現行車用と同じ工場で生産
デフギヤ類の復刻製作に当たるのは、トヨタ自動車内で駆動系足回り部品の生産を担う明知工場(愛知県みよし市明知町)で、5MTのギヤは本社工場(愛知県豊田市トヨタ町)である。ともに現行車用部品を量産している工場であり、今回のような少量の受注生産には困難を伴うのではと記者は想像したが、現在では試作ラインを活用することによって対応が可能なのだという。

工場には、当時の加工機技術を知る熟練技術者がまだ在職していることも、計画の実現を後押しする強みになっているという。「検討段階から1年で完成に漕ぎつけたのは、人に恵まれていたからだ」と、この計画のリーダーである茂木英雄さん(GAZOO Racing Company事業・モータースポーツ推進室主幹)は語る。



開発スタッフに聞く
まず始めに復刻生産が始まる部品の点数だが、5MTについては17品番で総数が75個、デフが4品番で4個となり、総数は79個に達する。その、あたりの詳しい事情を、5MTの開発に当たった愛甲寿晴さんと、デフを担当した石川清成さんの二人の技術者(ともにトヨタ自動車(株)パワートレーンカンパニーBRパワートレーン開発室主任)に聞いた。

5MTについて、愛甲さんはこう語ってくれた。「トランスミッションは、大きな負担がかかる箇所なので、長く使っていれば故障することもあります。交換しようにも部品が欠品ではオーナーの方々がお困りになるので、交換した方がよい部品はすべて用意いたします」

「シンクロリングは、他のトヨタ車のもので流用できる可能性のある品が分かっていて、(復刻せずに)供給が可能なので、今回、発売することができます。トランスミッションをオーバーホールする際に必要なギヤ類だけでなく、ベアリング、オイルシール、ガスケットなども準備しました」

「オーバーホールする際にはベアリングを交換するでしょうから、18個あるすべてを用意しました。紙ガスケットについては、現在では当時と同じ材料は手に入りませんから、現行車に使っている最新の材料を使って、同等のものを制作しました」

前述したように、5MTの復刻部品は75点にも達する。ギヤやシンクロリングは単体での販売になるが、それ以外の部品は3セットに分けたオーバーホールセットとして販売することで、入手の際の煩雑さを解消している。紙ガスケットとオイルシールのセット。ベアリングとアジャストスペーサーワッシャーのセット。スナップリングとカシメナットなどのセット。これら3点にパッケージ化されている。

石川清成さんはデフについてこう語っている。「デフの後期型図面は残っていました。前期型デフの図面は一部しか残っていなかったのですが、現物を参考にして再生産の準備をしています。改良を受けた後期型では、リングギアのサイズアップをおこなっています。また、前期型のギヤは1600GT5(RT55)に、後期型はコロナ・マークⅡ1900 GSS(RT75)にも使われています」

すなわち、今回の2000GTのためのギヤ再生産は、RT55とRT75のオーナーにとっても朗報であろう。

新車当時、最終減速比にはオプションのギヤ比も用意されていたが、標準の4.375を復刻生産することになった。

計画開始から1年
「このプロジェクトが始まったのは、およそ1年前からで、オーナーの方々、経験者の皆さんの声を聞きながら進めていきました。もちろんトヨタ自動車内だけの力で実現できるわけではなく、日頃から当社と一緒に車づくりをしている、仕入れ先の方々のご協力があって、成り立っているプロジェクトです」と語るのは、茂木英雄さんだ。

「復刻する部品についてのご希望はいろいろ届いていますし、お応えしていかなければなりません。まずは、車検をしっかり取るために必要な部品と、走らせるために必要な部品を揃えいくことからはじめています」

「また、再生産品を増やしていく一方で、トヨタ車のたくさんの部品の中から、2000GTに問題なく使用することができる品の代替品リストを作って、オーナーの皆さんにお伝えすることも考えています。シンクロリングは他車種用に同等品があったので、改めて、2000GTの補給部品としてご提供します。また、エンジンオイルのクリーナーエレメントも、トヨタ用にほぼ同等品があります」



トヨタ博物館の収蔵車で実走行テスト
「2000GTを造ったメーカーの責任として、開発段階で確認のためのテストをしています。トヨタ博物館の協力で、復刻品を組み込んでの実走行テストを実施することができました。また、収蔵品のなかにトランスミッションのオリジナル品があったので、これを借りてきて分解し、内部の痛みの箇所など、さまざまな実態が確認できたのは、たいへん助かりました」

「社内でも2000GTについて知っている人たちがいて、車好きを中心にこの計画に集まってきて、いろいろなアドバイスがあったり、環境的にとても良い状態で仕事ができたと思います」と3人は口を揃える。

また、この復刻計画が、ベテランから若い人たちへの”技術の伝承”の場にもなったともいう。ひとつの例を上げれば紙図面がある。CAD時代に生きる若い人にとって、紙に描いた図面には馴染みがないが、2000GTの紙図面を通じて、ベテランからそれを読み込む技術を習得しながら、仕事を進めたことは大きな収穫になったという。

今後に向けて
最後に、GRブランドマネジメントのスタッフに対して、なぜ2000GTを選んだのかとの問うてみた。

「GR というカンパニーの姿勢は、モータースポーツへの参戦を通じて、いい車を創るというものです。2000GTはこうした流れで誕生した車であり、また知名度も高いことから適すると思いました」との答えを得た。また、これはインタビュアーの個人的な考えにすぎないが、2000GTが少量生産車であることも、部品の復刻生産に適していたといえそうだ。他に知名度が高いモデルもあるが、いきなりバリエーション展開が多い量販モデルを手掛けたなら、乗り越えるべきハードルが多すぎることは間違いない。

2000GTとスープラでの経験を経て、今後、少しずつ、対象車種が増えることを期待するとともに、この復刻部品の生産が末永く続くことを強く希望したい。

2時間以上にわたっておこなったインタビューから、ここには収まりきれないほどの多くの情報を得ることができた。さらに周辺取材を加えて、9月末刊行のオクタン日本版31号に掲載する予定である。

インタビュー前には、現在の自動車を取り巻く環境のなかで、今回の部品復刻計画についての取り組みに半信半疑であった私だったが、トヨタの名古屋拠点、24階会議室を出る時には「トヨタは本気だ」と考えを改めたことは、是非とも付記しておきたい。