セイコーウオッチは、本格スポーツウオッチブランド セイコー プロスペックスから、南極が生んだ神秘的な情景から着想を得たグリーンが印象的な、数量限定モデルを2020年7月30日(木)より国内、海外で順次発売する。

セイコーダイバーズの歴史は1965年に発売した国産初のダイバーズウオッチにまで遡る。その後、南極をはじめとする過酷な環境へ赴く調査隊や冒険家の下で使用されることで、信頼を築き上げてきた。
 
南極・昭和基地から約55kmの位置にある「スカルブスネス」と呼ばれる露岩地帯。そこには日本の研究チームが発見した、湖沼の底に広がるコケと藻の森が存在している。南極の水中という極限の状況にあって、長い年月をかけて形成されるコケと藻による神秘の森。幻想的な姿の中に生命の力強さを感じさせるこの植物群は、発見者たちから「コケボウズ」と呼ばれ、南極の湖底にひっそりと佇んでいる。


 
このコケボウズは1種の植物によって出来上がったのではなく、コケと複数の藻類、バクテリアが共存することで形成されていることが判明している。地球が生んだ神秘的な情景からインスピレーションを受け、本作では群生するコケボウズをダイヤルパターンやグリーンカラーのセラミックスベゼル表示板で表現した。

セイコー プロスペックスは、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えたスポーツウオッチブランドである。その中でもブランドを象徴するダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生して以来、独自のテクノロジーを搭載したエポックメーキングな商品を次々と世に送り出してきた。50年以上に渡って弛まぬ進化を続け、世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家から高い評価と信頼を獲得している。また、JIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)におけるダイバーズウオッチ規格制定には、セイコーが技術開発の基準にしてきた性能規格が大きく貢献するなど、セイコーは常に世界をリードし続けてきたダイバーズウオッチのパイオニアであるのだ。


希望小売価格 69万3000円(税込)
世界限定:500本