F1マシンが六本木ヒルズに上陸 最新車いすレーサーが共演│ボーダーレスな未来

F1マシンが六本木ヒルズに上陸 最新車いすレーサーが共演│ボーダーレスな未来

2019 FIA F1 第17戦 日本GP 2日後の10月15日(火)、RDS社がスポンサーを務めるレッドブル・トロロッソ・ホンダのF1マシン「STR13(2019年FIA F1世界選手権出場カラーモデル)」をはじめ、最新車いすレーサー「WF01TR」、車いす概念を超えるモビリティー「WF01」、車いすから身体データを取得する「SS01」を展示するイベントを10月15日(火)六本木ヒルズアリーナにて開催する。

モータースポーツの最⾼峰F1で⽣み出された技術が、⼀般社会に落とし込まれているように、スポーツ・エンターテイメントから⽣まれた技術を、新しい⽇常に落とし込み、⼈々のQOL向上を⽬指す。RDSは、モータースポーツ・パラスポーツ・ロボットなどの先⾏開発によって⽣まれた技術を医療・福祉の現場に活⽤する多くのプロジェクトに取り組んでいるのだ。
 
なぜ、F1なのか?なぜ、⾞いすレーサーなのか?⼆つのキーワードが遠い関係だと感じるかもしれないが、共に最先端のフィールドで技術を追求し、そこで⽣み出された技術は様々な形で私たちの新しい⽇常に落とし込まれている。
 
10⽉15⽇(⽕)のイベントは、RDSが考えるボーダレスな未来へのビジョンをリアルに表現し、肌で体感していただく場である。⾞いす陸上の伊藤智也選⼿をテストドライバーに迎え、2020年のメダル獲得を⽬指し、開発した最新の⾞いすレーサー「WF01TR」、シーティングポジションやハンドリムを漕ぐ腕の⼒など、様々なパーソナライズされたデータを取得することができ、⾃分の最適解を導き出すことが可能な「SS01」など、9⽉に発表した2つの最新プロダクトをレッドブル・トロロッソ・ホンダのF1マシン「STR13(2019年FIAフォーミュラ・ワン世界選手権出場カラーモデル)」とともに展⽰。

また、専⽤のモーターを装着することで時速40kmの⾛⾏が可能な⾞いすの概念を超えるモビリティー「WF01」も合わせて展⽰。会場では、記念撮影会や「WF01」の⾛⾏デモンストレーションも開催する。

最先端の技術に触れるこの機会をぜひ体験していただきたい。
・日時 : 2019年10月15日(火)10:30〜20:00
・会場 : 六本木ヒルズアリーナ
      (東京都港区六本木6丁目9−1)
・内容 :「STR13(2019年FIAフォーミュラ・ワン世界選手権出場カラーモデル)」「WF01TR」「SS01」「WF01」の展示
     「WF01」走行デモンストレーション
        記念撮影会
・料金 : 無料


関連記事

octane.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る