「地球から空へ」をテーマに│ジラール・ペルゴ「1966」ブルー文字盤2種類登場

「地球から空へ」をテーマに│ジラール・ペルゴ「1966」ブルー文字盤2種類登場

地球のようなブルー。宇宙のようなブラック。2019年、ジラール・ペルゴは「アース・トゥ・ スカイ(地球から空へ)」を大きなテーマに宇宙との象徴的なダイアローグを開始した。

1960年代、ジラール・ペルゴは独自の研究開発部門を抱える極めて貴重なマニュファクチュールであった。1966年、ジャイロマティック技術を採用し、毎時36,000回という高振動を刻む ムーブメントを初めて発表。この機構により、精度が飛躍的に向上することとなる。

そのオマージュとして誕生したジラール・ペルゴ「1966」コレクションは、マニュファクチュールの革新に対する変わらない努力の成果を盛り込み、薄型ケースに自動巻きムーブメントを搭載したモデルを基本としたものだ。

デザインから手仕上げのディテールにいたるまで、1966 には細心の注意が惜しみなく注がれている。長い伝統を受け継ぐマニュファクチュール ジラール・ペルゴは、この2つのモデルに信頼性の高い最高に洗練されたムーブメントを搭載。両方のモデルに搭載されているキャリバー GP3300 は、熟練時計師の手作業によって5種類もの仕上げが施された 218個の部品で構成される。

ペルラージュ仕上げ、面取り、エングレービング、鏡面仕上げ念に施された地板とブリッジ、ブルーのネジ、コート・ド・ジュネーブで飾られたローターが、無反射加工のサファイアクリスタルのケースバックを通じて見ることができる。1966は、最短約46時間のパワーリザーブを備え、3気圧の防水性を有している。


価格 各87万円(税別)
・49555-11-431-BB60(グラデーション ブルー ギョーシェ彫りダイヤル)
・49555-11-434-BH6A(ブルー サンレイ)

http://www.girard-perregaux.com/


関連記事

octane.jpの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る