シチズンとギンザタナカがコラボレーションした、プラチナ950ケースの機械式腕時計が登場。数量限定16本で発売される。

それぞれ100年を超える歴史を持つシチズンとギンザタナカが創業者を同じくすることから実現したこのコラボレーション。シチズンの前身、尚工舎時計研究所が1924年に『CITIZEN』の名で世に出した第一号の時計「16型懐中時計」をモチーフにデザインした。



ギンザタナカ製のケース素材は、変色・変質に強く安定した金属であるプラチナ950を採用している。一般的なプラチナ 950 がプラチナ 95%にパラジウム等の配合であるのに対し、このケースにはプラチナ 95%に金 5%を特別に配合したものを使用し、ステンレス並みの強度が実現されている。シチズンの自動巻きの機械式ムーブメントを搭載し、シースルーバックから覗くローター(回転錘)にはシチズン第一号時計の「16型懐中時計」にも刻印されていた、創業時より今もギンザタナカに続く品質保証刻印である「☆S(ホシエス)」マーク、裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印。

専用ボックスと、シチズン、ギンザタナカそれぞれの歩みを解説する特製のミニブックレット(非売品)が付属。


CITIZEN × GINZA TANAKA プラチナモデル(税抜396万円)詳細
https://citizen.jp/ginzatanaka/index.html