アストンマーティンのヴァンテージファミリーが誕生70周年を迎えた。
 
ヴァンテージの名称は、英国のラグジュアリーブランドであるアストンマーティンが製造してきたスポーツカーのうち、実に1/3以上のモデルに誇り高く冠されている。70年以上の歴史を誇り、アストンマーティン製品ラインナップの中でも特別な存在となっているヴァンテージファミリーは、進化を続ける同社の歴史において決定的に重要な役割を果たしている。
 
初期のDB2 ヴァンテージから60年代のアイコンモデルの軌跡はDB4、DB5、DB6と続き、その後の数十年間でアストンマーティンの名を世界に知らしめたハイパフォーマンスモデルへと進化を遂げ、画期的なVHアーキテクチャーを採用したモデルから、最先端テクノロジーを搭載する現行モデルに至るまで、ヴァンテージという名は、スピード、パワー、そして類まれなスタイルの代名詞となっているのだ。


 
アストンマーティン・ラゴンダ社CEOのDr. アンディ・パーマーは、「最新モデルのヴァンテージおよびヴァンテージ AMRは、世界中のドライバーに強烈なインパクトを与えた”ヴァンテージ”というモデルを、弊社の流儀に従って新たに解釈したものです。2020年、私たちはヴァンテージの70周年を祝い、傑出したスポーツカーの伝統を振り返ります。常に技術的な野心、スリリングなパフォーマンス、類まれな美しさと同義語となってきました。この名称が与えられた伝説的な車が作り上げてきた高い基準は、最新のモデルにもそのまま反映されています」と話した。

次回から、各モデルを振り返っていく。

歴代アストンマーティンVantageの生産台数
DB2 248台(サルーンとオープン・クーペ*)
DB4 135台(プラス DB4 GT ヴァンテージが6台)
DB5 68台(サルーン*)
DB6 335台(サルーン*)(+ ヴォランテが29台)
DB6 MkII 70台(サルーン*)(+ ヴォランテが13台)
DBS 290台(サルーン*)
AM Vantage(6気筒)70台(サルーン*)
AM V8 Vantage 372台(サルーン*)(+ ヴァンテージ ヴォランテが194台)
V8 Vantage Zagato 52台(サルーン*)(+ ヴァンテージ ヴォランテが8台)
Vantage/V8 Vantage 273台(サルーン*)(+ スペシャルモデルが40台)
DB7 V12 Vantage 2086台(クーペ)(+ ヴォランテが2056台)
V8 Vantage(VH) 1万5458台(クーペ)(+ ロードスターが6231台)
V12 Vantage 2957台(V12 ヴァンテージ Sを含む全タイプの合計)
 
* ここで使われる「サルーン」とは、当時のアストンマーティン社独自の名称。実際の車両タイプは、クーペボディ。