ジャミロクワイを率いるミュージシャンのジェイ・ケイは、スペシャルな車を所有しており、お宝をオークションに出品することもめずらしくない。

以前はヴィニャーレが手がけた世界に一台のフェラーリ 330GT 2+2 シューティングブレークを売りに出し、3500万円ほどで落札された。彼が車を手放す理由は、だいたいが「ガレージがいっぱいになりすぎて入らないから」だ。欲しい車があれば今必要でない車を売ってスペースを空けて、念願の車を迎える。ジャミロクワイのミュージックビデオでもランボルギーニ・ディアブロなど数々のスーパーカーが登場している。生粋のエンスージアストなのである。

そして、ボナムスが2019年12月に開催したオークションに出品したコレクションの一部は、1973年 ポルシェ911カレラRS 2.7 ”ライトウエイト”(推定75万〜85万ポンド)と、2004年 ポルシェ・カレラGT(推定65万〜75万ポンド)。さらに、2016年以来895マイルしか走行していないフェラーリF12 tdf ベルリネッタ(推定67万〜74万ポンド)というラインナップだった。





911カレラ RS 2.7はマッチングナンバー車で、ジェイ・ケイは2008年に手に入れた。フルレストアを施したりもしているが、彼が所有している間の走行距離は1000マイルである。カレラGTも新車からジェイ・ケイが所有していたわけではないが、2447マイルの走行距離となっている。フェラーリF12 tdf ベルリネッタに関しては、ジェイ・ケイが自らこだわりのカスタムを加え、3年間所有したにも関わらず895マイルという走行距離だ。

しかし、彼が走りが好きでないということでは決してなく、すべてをちゃんと走らせるにはコレクションが多すぎるというだけなのであろう。このポルシェ2台はまだ次のオーナーが見つかっていないようだ。