ヴァシェロンコンスタンタンの2020年の新作としてピンクゴールドのケースとブレスレットにブルー・ダイヤルを合わせた「オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」が発表された。

1755年に創業したヴァシュロン・コンスタンタンは、265年以上にわたり一度も時計づくりを中断したことがない、 時計製造の分野で世界最古のマニュファクチュール。何世代にもわたる名工たちによって培われた時計づくりの卓越した技術と洗練されたスタイルを途切れなく代々継承し、そこに根差す輝かしい遺産を守り続けてきた。メゾンが創作する時計は、控えめで気品のあるスタイル。その一つ一つに、最高峰の職人技と仕上げを長年にわたり維持された、ヴァシュロン・コンスタンタンならではの技法や美意識が表現されている。



スポーティ・エレガンスの精神が息づく超薄型パーペチュアルカレンダー 。さらにダイヤルを美しく彩る深いブルーを引き立てる18K(5N)ピンクゴールドのケースとブレスレット、付け替え可能な3本のインターチェンジャブル・ブレスレット/ストラップ。

新作は、オールゴールド・モデルとしての発表となった。マルタ十字のフォルムから想を得てデザインされたリンクが特徴的な貴金属ブレスレットも、独自のスタイルを主張しながら以前にも増してエレガントな表情を見せている。一体になったケースとブレスレットに加えて、ゴールドが放つ輝きはブルー・ダイヤルにも広がり、インデックスや針、ムーフェイズの月のディスクもまた18K(5N)で作られている。



ブルーのラッカーを施したゴールド製のダイヤルは、そのサンバースト・サテン仕上げや、スネイル模様の仕上げで区別したサブダイヤルが目を引く一方で、ゴールドに縁取られたミニッツトラックに選ばれたヴェルヴェット仕上げも印象的。縦筋目のサテン仕上げを施したケースとコントラストを成すこれらの繊細な装飾がブルー・ダイヤルに力強い個性をもたらしている。


キャリバー・ナンバー CAL. 1120 QP/1
ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造
駆動方式 機械式自動巻き
22Kゴールド製オーヴァーシーズ・ローター
ムーブメント・サイズ 直径29.60MM × 厚さ4.05MM
パワーリザーブ 約40時間
予価:960万円
発売時期:入荷は今秋ごろ