イタリア政府の最近の方針に沿って、フェラーリではマラネッロとモデナの工場を5月4日から徐々に再開し、5月8日(金)からフル生産に戻る予定だと発表された。

再開に向け、フェラーリではレースで行う動作確認の周回になぞらえて「インスタレーション・ラップ」と名付けた期間を開始し、従業員を主な対象とした安全教育を実施する。

これは従業員の健康を守るために最先端の手法を導入するプログラム「バック・オン・トラック」と並行して行われるもので、生産再開の前に、従業員を対象とした研修会であらゆる健康上のリスクを避けるために必要な最善の予防策を学ぶというものだ。



フェラーリは、各作業エリアの入口でチェックを行い、個人用防護具を支給し、共用エリアを共有する際のルールを設定するという。また、作業環境を変更したほか、スムーズで安全な職場復帰のための最善のツール、たとえば従業員が仕事に復帰する前に任意で受けられる血清学的テストなどが提供される。