ブラジルが生んだ伝説的なF1ドライバー、アイルトン・セナが亡くなってから5月1日でちょうど26年が経った。

1981年3月、ブランズハッチでフォーミュラ・フォード初戦を果たしたセナ。優勝まであと一歩に迫った1984年モナコ、ロータスでF1初優勝を飾った1985年ポルトガル、マクラーレンで初タイトルをもぎ取った1988年日本、初の母国優勝を果たした1991年ブラジル、抜群の強さを見せて優勝した1993年のドニントンなど数々の伝説を残した。中には、人間離れしたラップでポールを獲得しながらミスで優勝を逃した1988年モナコ、第1コーナーでプロストを道連れにしてタイトルを手に入れた1990年の鈴鹿といったレースもあった。

1985年にロータス・ルノー 97 TF1で参戦したポルトガルGP(エストリル)ではどしゃぶりの雨の中にもかかわらず、F1チャンピオンの座をはじめて獲得。才能と情熱に溢れていた彼だが、1988年のモナコGPでガードレールに接触する事故を起こした時はショックを受け、サーキットからそのまま家へと帰ってしまいしばらく音信不通になったというエピソードも残る。



1991年のブラジルGPではマクラーレン・ホンダMP4/6を操り、母国ブラジルでチャンピオンに輝くという念願を叶えた。この時は、ギアボックスにトラブルが起き、唯一入った6速のままで走り抜けた。酷使されたセナの身体は、自らの力だけでマシンを降りることもままならず、トロフィーを掲げることさえできなかった。しかし、母国での優勝は、セナの心へ強く刻まれたのであった。それから2年後、1993年にドニントンパークで開催されたヨーロッパGPで雨が降りしきるコンディションの中、セナは90秒近い大差をつけてゴールを果たしている。



ドライバー人生最後となったのは、1994年5月1日のイモラ・サーキットで開催されたサンマリノGPでのことだった。7週目でコースアウトし、コンクリートウォールに衝突。マシンは大破し脳への損傷が激しく、34歳という若さで人生に幕を閉じた。その13年間のキャリアで、セナは生まれ持った才能、スピードへの情熱、勝利への執念で世界中の人々を魅了してきたのだ。

1983年のイギリスF3でセナの最大のライバルだったマーティン・ブランドルは、「この男とその非凡さには、心からの尊敬の念しかない。一筋縄ではいかない人物だった。だが、偉大なチャンピオンは皆そうではないか」と記している。アイルトン・セナのカリスマ性と情熱は、永遠に人々の心の中で生き続けるだろう。