ボルボ・カーズとテクノロジー企業の ルミナー社が提携。業界をリードするルミナーのライダーと検知技術を次世代型のボルボ車に導入し、安全性と技術面における新基準を設定する。この提携により、ボルボ初の高速道路上での完全自動運転技術を実現し、将来のアクティブセーフティ開発への足がかりとするという。

ボルボ・カーズの次世代型プラットフォームであるモジュラー・アーキテクチャー「SPA 2」は、ルミナーのライダーをルーフに継ぎ目なく一体化させ、2022年の生産開始時から自動運転に対応可能なハードウェアとして提供される予定。SPA 2 をベースにした車両では無線ネットワーク通信でソフトウェアのアップデートが行われ、もしドライバーが選択すれば、個々の地理的な場所や条件が安全であると確認された時点で、高速道路の完全な自動運転を可能にするハイウェイ・パイロット機能が有効になる。

ボルボ・カーズの最高技術責任者であるヘンリック・グリーンは、「自動運転は、責任を持って安全に導入されることによって、歴史上最も人命を救う技術の一つになる可能性を秘めています。正しい判断が行われるために必要となる視界を将来のボルボ車に与えることは、安全に走るうえで重要なステップとなります」と述べた。

ボルボ・カーズとルミナーは、ライダーの役割としてハイウェイ・パイロット機能に加えて、将来の先進運転支援システム(ADAS)の改善への貢献についても検討しており、将来的にはSPA2 ベースのすべての車にライダーセンサーが標準装備される可能性もある。ルミナーの技術は、高性能のライダーセンサーをベースにしており、数百万パルスのレーザー光を発し、実際の環境を3Dスキャンすることで物体の位置を正確に検出し、インターネット接続を必要とせずに一時的なリアルタイムの地図を作成する。

ライダーは、カメラやレーダーだけでは得られない信頼性の高い視覚と知覚を提供することで、自動運転モードで安全に走行できる車を実現するうえで重要な役割を果たす。複雑な環境下において迅速に安全な意思決定を行うための理想的な基盤となるのである。

ハイウェイ・パイロット機能を実現するために、ルミナーの検知技術は、自動運転ソフトウェアと、今後のボルボの自動運転車に搭載されるカメラ、レーダー、ステアリング、ブレーキ、バッテリーなどの機能のバックアップ・システムと組み合わせて使用される。これらを組み合わせることで、ボルボのユーザーは、高速道路での安全な完全自動運転機能を利用することができるようになる。

「間もなく、あなたのボルボは、車が安全だと判断したときに、高速道路で自動運転ができるようになります」とヘンリック・グリーンは述べ、さらに「その時点で、あなたのボルボが運転に責任を持ち、あなたはリラックスして道路から目を離し、ハンドルから手を離すことができます。時間の経過とともに、無線ネットワーク通信のアップデートにより、車が自ら運転できる領域を拡大していきます。私たちにとって、安全な自動運転の導入は、段階的であるべきなのです」と続けた。

今回の発表の一環として、ボルボ・カーズとルミナーは共同で、ライダー技術の量産化に向けて、工業としての安定化とその検証を行うための協力関係についても深めている。また、ボルボ・カーズはルミナーの少数株主持分を、契約上さらに増やすこともできるという。

シリコンバレーに拠点を置くルミナーにとって、ボルボ・カーズとの提携は、同社の技術を初めて量産化することを意味する。これは、この技術を自動車業界により広く提供するために必要となるスケールメリットを達成するための重要なステップとなるのだ。

「ボルボは、人命を守る最先端の安全技術の標準化を業界全体で推進してきた自動車の安全分野におけるパイオニアとして認知されています」と、ルミナーの創業者でありCEO のオースティン・ラッセルはこのように述べ、さらに「安全性における次の時代は自動運転にあり、今回もボルボは業界をリードして大きなマイルストーンを達成しました。私たちは、量産化を可能にするためのコスト、性能、自動運転レベルの重要な課題を解決しボルボとともにこの技術を世界に提供していきます」と続けた。