”イル・モストロ”。英語で言えば、”ザ・モンスター”=怪物。その印象深い姿と高い性能から、1989年のジュネーヴでデビューしたアルファロメオのショーカー「ES-30」(エクスペリメンタル・スポーツ・3.0リッター)には、たちまちそんなユニークなニックネームがメディアによって与えられた。アルファロメオに付けられた愛称としては異例におどろおどろしく、それほどこの車のスタイリングはユニークなものであったということである。

アルファロメオS.Z.(スプリント・ザガート)、そして、そのオープン版であるR.Z.(ロードスター・ザガート)を知るためには、まず、当時、苦境にあったアルファロメオ、という背景を語らなければならない。

戦後に国有企業体の傘下となっていたとはいえ、事実上、戦前からの国有企業気質を引き継いできたアルファロメオが、現在まで続くフィアットグループ傘下に入ったのは1986年のこと。世の車好きは、フィアットによる新生アルファロメオを注意深く見守っていた。マイナスイメージからの脱却にはいつの時代でもスーパースターが待望されるのだ。このときもそうで、フィアットは復活の狼煙(のろし)となるようなスポーツカー計画を立てた。

フィアットとの車体共通化を進めるにあたって、この先使わなくなる75用のトランスアクスルFRを流用した、限定生産のスポーツカーを造るという計画がはじまった。そこで、そのデザイン案を、ザガートとアルファロメオ社内デザイン、そしてフィアット社内デザインの3者に依頼し、コンペティションとした。多くのアルファファンが周知のとおり、コンペで採用されたのはフィアット社内デザインチームの作品だった。マリオ・マイオリとロベール・オプロンによる奇抜なスタイリングを、色々な意味で(つまり政治的にも)、アルファの新経営陣であるフィアットのトップは選んだ。ちなみに、ロベール・オプロンはフランス人のデザイナーで、シトロエンSMやアルピーヌA310、ルノー・フェーゴを担当した、といえば、S.Z.のユニークさの源泉も理解できるだろう。



その後、S.Z.の内外装デザインは、アントニオ・カステラーナにより、CADを使って早急にまとめられることになるが、ザガートが関わったのは前後意匠の手直しのみという限定的なものだった。では、なぜ車名はもちろんのこと、ザガートのエンブレムも残されたのだろうか。

もちろん、S.Z.という名前がすでにアルファロメオの歴史的なスポーツカーを代表していた、という事実もある。加えて、S.Z.の組立てがミラノ郊外の街ローにあるザガートの工場にて行なわれたことも大きい。デザインはザガートではないが、れっきとしたザガート製のアルファロメオだった、ということを意味する。

S.Z.は限定千台と発表され、実際に89年から91年にかけて、プロトタイプを含め1036台がザガートのファクトリーをあとにした、といわれている。一方、S.Z.のロードスター化においては、ザガートが大いに関わることになった。もっとも、ザガートが当初提案したのは、S.Z.とはまるで違って、優しい曲線を強調した優雅なロードスターだった。結果的に、R.Z.と名付けられたロードスター版は、S.Z.から特徴的なブラックルーフを取り払っただけのようにも見えるが、その実、500カ所ものパーツが異なるという手の入りようで、そこにザガートのカロッツェリアとしての意地をみたといえる。

R.Z.の生産台数は、限定数350台に対して、92年から93年にかけてわずか278台に留まる。そういう意味では、R.Z.の希少性は、S.Z.の4倍、狙い目の一台といえるだろう。S.Z.のボディカラーはレッドのみでしたが、R.Z.ではレッド、イエロー、ブラックが用意され、ごく少数のシルバーとメタリックホワイトが存在するといわれている。



そして、現在国内で素晴らしいコンディションに保たれた、イエローのR.Z.が次のオーナーを探している。身をよじって曲がっていくという、ドイツ車とはまるで違う曲がりっぷりに、これぞイタリア車だ!と思った記憶も残る。ボディ剛性という言葉をハナで笑うかのようなハンドリングは、今だからこそきっと、もっと楽しいものに違いない。

これまで多くのS.Z.とR.Z.を見てきたものの、ファイバー製ボディの経年劣化が甚だしい個体が多かった。パネルは波打っていたり、ペイントが薄くなってしまっていたり。見るに耐えないコンディションの個体も多い。最近でこそ、世のクラシックカーブームに乗って、少しはキレイになっているが、ちょっと前までは取引相場も安く、放ったらかしにされていた個体も多かったのだ。

その点、このイエローのコンディションは、新車時を思い出させてくれたほどに、抜群。オドメーターの7500キロも実走だろう。エンブレムやプラスチックレンズ、ホイールは完璧。コンディションキープに神経質なオーナーのもと、ウィンドウ回りのゴムも良好な状態を保っており、インテリアなんて、新車のよう。わずかにシフトノブに使用感があるのみだ。



気になった点は、フロントカウル縁の小さなタッチペイント補修と、ボディ同色トノカバーのペイントひび、右ウィンカーレンズの割れ、程度。フロントウィンドウ縁のボンド滲みもあるが、これは仕方ない。逆にいうと、それ以外に、文句をつけるところがないほどだ。



シリアル番号は206。撮影のため動かした限りでは、エンジンの軽い吹けが印象的で、車高調整もばっちり作動している。純正の取扱説明書(ルーフを開けるためにしばらく必須だろう)、専用車検証ケース、さらにはタイヤ交換時に収納するバッグも残っている。

貴重なR.Z.の低走行車。さすがにこの距離の個体を探すのは、世界的に見ても相当に難しいはず。コレクションに加えるのにすすめたい一台である。


車両情報提供:CARZY (文:西川 淳、写真:神村 聖)
車両販売ページ→ https://www.carzy.net/ja/cars/2D052BWEe6ir47eyMXJc