メイド・イン・イタリアの最高品質を誇るマテリアル アルカンターラ®はその軽量と機能美を理由に、様々な高級限定車に内装素材として選ばれている。2009年に、イタリアでは初めてカーボン ニュートラル素材として認証され、サスティナブル マテリアルとしても注目されている。

アルファロメオGTAにはドアパネルからサイドピラー、天井やシート中央部分などに黒のアルカンターラ®を使用し、美的感覚を満たすだけでなく、本革では決して到達できない車両重量の削減に貢献している。メイドイン イタリアの持つスポーティ、エレガンス、イノベーションそしてクラフトマンシップの価値をアルファロメオと共にアルカンターラは共有している。



アルカンターラ社のデザイナーは様々な自動車企業の開発チームと協力し、独自のカスタムメイドのアルカンターラ®を限定車に提供している。100%電気自動車である2020年カーオブザイヤーを受賞したプジョー208には、ダイヤモンドパターンのグレーのアルカンターラ®を内装に使用。快適さを更にアップさせている。765台の生産限定車マクラーレン765LTはシートだけでなく、ルーフライニングからドアにいたるまで、アルカンターラ®を装い、重量の軽量化に挑戦している。765LTは720Sモデルより80kgも軽量に仕上がっているのだ。
 


300台限定の史上初4人乗りハイブリッド スーパーカーのケーニグセグ ジェメラにはイエローのアルカンターラ®を無地とひし形ステッチが施されたもの2種類が用意されている。天井からドアパネル、座席と内装全体にアルカンターラ®が選ばれた。イタリアのフィアットは宝石をテーマにブルガリデザインのカスタムメイド カーを発表。ワンオフカーのB.500 MAI TROPPOはルーフライニングにダークブルーのアルカンターラ®をセレクトしている。