民陶祭、10月復活へ 小鹿田焼協「復旧にめど」

民陶祭、10月復活へ 小鹿田焼協「復旧にめど」

 日田市の小鹿田焼(おんたやき)協同組合は15日、小鹿田焼(国指定重要無形文化財)の陶器市「民陶祭」を2年ぶりに開催する見通しを明らかにした。10月13、14両日を予定。昨年7月の福岡・大分豪雨による大きな被害から復旧が進み、一定のめどが立ったという。
 同組合の坂本工理事長(54)ら4人が県庁を訪れ、広瀬勝貞知事に復旧状況を報告。民陶祭の再開についても触れた。
 坂本理事長は「従来通りは難しいかもしれないが、しっかり準備を進めていく」と強調。広瀬知事は「どうなることかと心配していた。皆さんが頑張ってくれた。これからも期待している」と応じた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索