溶けた鉄が飛散、台車などに付着し煙 新日鉄住金

溶けた鉄が飛散、台車などに付着し煙 新日鉄住金

 13日午前2時55分ごろ、大分市西ノ洲の新日鉄住金大分製鉄所の第1高炉で鉄が溶けた状態の溶銑(ようせん)が飛び散り、溶銑を運ぶ台車など一部の設備が溶けた。けが人はなかった。
 大分中央署や同製鉄所によると、溶銑は約1500度の高温。高炉から台車に流し込む工程で周辺に飛散し、台車のアクリル製の窓や、ケーブル、配管に付着して煙が出た。
 従業員が異常に気付いて市消防局に通報し、放水。高炉から溶銑を流し出す出口5カ所のうち、飛散のあった1カ所を止めた。高炉の稼働は続けた。原因や生産への影響を調べている。
 同製鉄所では1月に厚板工場が35時間以上燃え続ける大規模火災が起きるなど、今年になって火災やトラブルが相次いでおり、10件目。
 同製鉄所は「近隣住民や関係者に心配をお掛けして申し訳ない。再発防止に努めたい」とコメントした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索