大分市で初雪観測 明朝、冷え込みピーク

 上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、14日午前、日田市の山間部では雪が積もる所があった。大分市では初雪を観測した。平年(12月21日)より24日遅く、昨年より4日早い。
 大分地方気象台によると、朝の最低気温は玖珠で氷点下1・2度(平年氷点下2度)を観測。寒気の流れ込みは15日まで続きそう。
 各地の最低気温は▽湯布院 氷点下0・8度(同氷点下2・2度)▽宇目 1・0度(同氷点下2・0度)▽竹田 1・1度(同氷点下0・9度)―など。大分市は4・0度(同2・4度)だった。
 気象台によると、冷え込みのピークは15日明け方の予想。北部、西部、中部の山間部では積雪、平野部でも雪がちらつく所がありそう。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

10時51分更新

大分のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索