別府で屋根に人乗せ車走行、SNSに動画も 県警が捜査 

 別府市の国道10号で屋根に人を乗せた状態で軽乗用車が走行していたことが13日、県警への取材で分かった。別府署は道交法に違反する設備外乗車に抵触するとみて、運転手や屋根に乗っていた人物の特定を進めている。
 県警によると11日午後11時ごろ、「車の上に人が乗っている」と通行人から110番通報があった。同署が捜索したが、該当する車は確認できなかった。
 一方で同日、当時の様子を撮影したとみられる動画が会員制交流サイト(SNS)のツイッターに投稿された。動画は1分ほど。軽乗用車は別府市餅ケ浜町周辺で3車線あるうち第2車線を日出町方面に走行。屋根の上に、人がうつぶせの状態で車につかまっている姿が映っていた。周囲には軽乗用車とは無関係とみられる車両も走っていた。
 県警は動画を分析するなどして捜査を進めている。
 道交法では、座席など乗車するためのスペース以外に人を乗せ、走行することを禁じている。違反すれば運転手には5万円以下、乗った側には2万円以下の罰金または科料となる。
 県警交通指導課の岐津博一次席は「危険性の高い行為。摘発を視野に捜査する。危ないので絶対にまねをしないでほしい」と話している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索