県内全地点マイナス 玖珠、氷点下8・2度

県内全地点マイナス 玖珠、氷点下8・2度

 県内は13日、寒気と放射冷却の影響で厳しい冷え込みとなった。玖珠で今季の県内最低気温となる氷点下8・2度(平年氷点下1・9度)を記録。全15観測地点で氷点下となり、4地点で今季最低気温を更新した。
 大分地方気象台によると、今季の最低気温を観測したのは玖珠の他に▽湯布院 氷点下7・8度(同氷点下2・2度)▽竹田 氷点下6・1度(同氷点下0・8度)▽武蔵 氷点下3・4度(同2度)。大分市は氷点下0・6度(同2・4度)だった。
 14日の朝まで内陸部を中心に厳しい寒さが続く見通しで、昼ごろから気温が上がりそう。
 各市町村によると、13日午前10時現在、少なくとも由布、別府、九重の3市町で水道管の破裂や凍結が計3件あった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索