スイーツ列車 味と風景満喫

スイーツ列車 味と風景満喫

 大分市のJR大分シティは13日、日豊線大分―杵築間でオリジナルのスイーツ列車を特別運行した。商業施設「アミュプラザおおいた」(同市)の開業3周年を記念した1日限定企画。
 熊本県内を走る観光列車「A列車で行こう」を使用。777組の応募の中から、抽選で選ばれた20組40人が大分駅から乗車した。
 大分県産食材を使ったケーキをはじめ、東京の有名店のマドレーヌなど20種類を堪能。ジャズに耳を傾けながら、ステンドグラスなどの装飾品や車窓の風景を楽しんだ。
 杵築駅では、ゆるキャラの「きつみん」や地元住民ら約40人がお出迎え。抹茶と紅茶でもてなした。伯母と参加した大分市坂ノ市中央の嶋村羽奈乃さん(10)=坂ノ市小4年=は「普段乗れない列車にワクワクした。チョコレートがおいしい」と笑顔だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索