日田4千人避難指示 台風5号、四国へ

日田4千人避難指示 台風5号、四国へ

 台風5号は6日、九州南部にかなり接近して北東に進んだ。7日午前中にも四国に上陸する可能性がある。大分県内は全域が風速15メートル以上の強風域に入っており、同日未明から明け方にかけて最接近する見込み。台風の動きが遅く、風雨が長時間続く恐れがあり、大分地方気象台は土砂災害や河川の氾濫、暴風、高波などへの警戒を呼び掛けている。接近に伴い、6日は交通機関が乱れ、日田市の福岡・大分豪雨の被災地では1480世帯4040人に避難指示が出された。

 台風5号は6日午後9時現在、高知・足摺岬の南南西約120キロを時速約20キロで北東へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。
 気象台によると、大分県内は7日昼前にかけて風が非常に強くなり、南部の海上ではうねりを伴って大しけとなりそう。予想最大風速は沿岸海域が20〜30メートル、陸上は中部、南部、西部が20メートル、北部15メートル。波の高さは南部7メートル、中部5メートル、北部3メートル。大潮に当たり、高潮への警戒が必要という。
 同日午後6時までの24時間雨量はいずれも多い所で南部350ミリ、中部300ミリ、西部250ミリ、北部200ミリと見込まれている。
 6日は台風の接近に伴い、国東市武蔵22・1メートル、佐伯市蒲江21・4メートル、佐伯20・2メートルの最大瞬間風速を観測。降り始め(5日午前0時)からの各地の雨量は午後4時現在で▽佐伯市宇目 180ミリ▽湯布院 66ミリ▽佐伯 43ミリ―など。
 JR九州は大分から佐伯方面に向かう日豊線の特急を運休。普通列車は大分―佐伯と久大線の日田―向之原で午後の運転を見合わせた。豊肥線は阿蘇―中判田で終日運休。その他の区間でも運休や本数を減らすなどした。県内を発着する海の便は関西、四国と結ぶ便が全便欠航。山口県とつなぐスオーナダフェリーも午後から運休した。大分空港ではアイベックス2便が欠航した。
 7日はJR九州が午前中、大分―博多以外の特急を運休し、普通列車の日豊(幸崎―延岡)、久大(日田―向之原)、豊肥(阿蘇―中判田)の各区間で運転を見合わせる予定。フェリー各社は午前便を中心に、空の便はアイベックス4便がいずれも欠航する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索