夜空駆ける一筋の輝き ペルセウス座流星群

夜空駆ける一筋の輝き ペルセウス座流星群

 「ペルセウス座流星群」が大分県内でも見頃を迎えた。竹田市久住町では12日夜から13日未明にかけて、くじゅう連山上空で鮮やかな一筋の光を描く様子を見ることができた。
 満天の星が広がる、久住高原の星ふる館付近には親子連れら100人以上が集まった。光跡が見えると歓声を上げ、真夏の夜の天体ショーを楽しんだ。
 流星は、宇宙空間の直径1ミリ〜数センチの「ちり」が地球の大気に飛び込んで光を放つ現象。ちりを放出する彗星(すいせい)と地球の軌道が交差した場合に流星群が現れる。
 ペルセウス座流星群は毎年8月に出現し、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並んで三大流星群と呼ばれる。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索