激しい雨に注意

 大分地方気象台は9日、大雨と落雷、突風に関する気象情報を発表した。気象台によると県内は9日夕方にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。土砂災害や低地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風への注意を呼び掛けている。
 気象台によると、10日正午までの24時間予想雨量は、多い所で西部80ミリ、中部、南部60ミリ、北部50ミリとなっている。
 10日の県内は、気圧の谷や湿った空気の影響で、おおむね曇りで雨や雷雨の所がありそう。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索