台風、勢力保ち接近 県内、海の便に乱れ

台風、勢力保ち接近 県内、海の便に乱れ

 強い台風5号の影響で、九州南部・奄美地方は5日、非常に激しい雨が降るなど大荒れとなった。6日朝に九州へかなり接近した後、西日本に上陸する見込み。その後は日本列島を縦断するように進むとみられる。気象庁は、西日本を中心に天候が悪化する恐れがあるとして、暴風や高波、土砂災害などに厳重な警戒を呼び掛けた。
 台風5号は5日午前11時、屋久島の南南西約70キロの海上を、ゆっくりとした速さで北西へ進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。
 台風は今後、進路を次第に北寄りに変え、強い勢力を維持したまま6日に九州に接近、西日本を北東に縦断し日本海へ抜けるとみられる。
 6日正午までの24時間予想雨量は多いところで、九州南部・奄美500ミリ、九州北部200ミリ。さらにその後の24時間で、四国を中心として100〜600ミリの雨が予想されている。局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るところもあるとみられる。
 6日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部・奄美40メートル(55メートル)、四国23メートル(35メートル)、九州北部20メートル(30メートル)。波の高さは7〜9メートルの見込み。
 台風の影響で大分県内の交通機関は5日、海の便に乱れが出た。午前11時現在▽フェリーさんふらわあ(大分―神戸、別府―大阪)▽国道九四フェリー(佐賀関―三崎)▽宇和島運輸フェリー(別府・臼杵―八幡浜)▽宿毛フェリー(佐伯―宿毛)―の計57便が欠航を決めた。6日はフェリーさんふらわあと国道九四フェリー、佐伯宿毛フェリーが全便、宇和島運輸フェリーが計17便を欠航する予定。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索