今年も「おじゃまします」 別府湾にクジラ

今年も「おじゃまします」 別府湾にクジラ

 大分市神崎の田ノ浦ビーチ沖の別府湾でクジラが1頭泳いでいるのを14日、漁船の男性船長が見つけた。大分マリーンパレス水族館「うみたまご」(同市)によると、尾びれの模様や切れ込みの形からザトウクジラとみられる。
 ここ数年は2〜4月ごろ、餌を求めて別府湾に入ってきているという。今年の観測は初めて。大分海上保安部も同市豊海沖で1頭を確認した。体長は7〜9メートルほど。潜水と浮上を約20分繰り返し、姿を消した。同保安部は湾内を通る船に衝突、接触しないよう注意を呼び掛けている。
 うみたまごの飼育員、十万(じゅうまん)仁志さん(39)は「刺激を与えず、遠くから見守ってほしい」と話している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?
大分合同新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

大分 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索