大分市のヘアメーキャップアーティスト神本チヒロさんが、同市生石に開いた眉の専門サロン「グレースリタ」で好印象に見せる整え方や描き方を提案している。20年を超えるキャリアの中で5千人以上の顔を見つめ、技術を磨いてきた。「眉は顔の印象を決める重要なポイント。美の力で、自分らしく輝くお手伝いがしたい」と情熱を注ぐ。
 大分市出身。福岡市の美容やメークの専門学校を卒業後、福岡で7年活動し帰郷した。現在はテレビ番組や広告のヘアメークを担当する傍ら、行政や企業が一般向けに開くセミナーの講師も務める。その中でよく耳にするのが「眉のお手入れ法が分からず困っている」という声。眉毛をカットし過ぎている人が多いのも気になった。
 「一人一人に合わせた眉のトリセツ(取扱説明書)を紹介しよう」と2018年12月にサロンをオープン。カウンセリングを通じて骨格や職業、なりたいイメージを分析し、眉をデザインしていく。形や太さ、濃淡によって印象は大きく変わる。顔に立体感や目力を出すこともできるという。
 「優しげな印象に」「清潔感を出したい」「誠実に見せたい」など要望はさまざま。流行を取り入れながら、顔立ちを最大限に生かすことを心掛ける。就職活動や婚活を控えた女性、商談など大仕事の前に来店する男性客も少なくない。
 神本さんは「メークをしない男性こそ眉を整えてほしい。ちょっとした変化が自信につながる。一人でも多くの人の魅力を引き出すことができればうれしい」と話している。