体絞り込むナイン

 【甲子園臨時支局】第99回全国高校野球選手権大会は8日、甲子園球場で開幕した。県代表の明豊ナインは開会式に臨んだ後、京都府の立命館大屋内練習場で調整を続けた。
 大阪入り後の練習時間は基本的に2時間。大会本部に割り当てられた練習会場の使用時間が決まっているため。ナインは効率よく練習し、宿舎での素振りなどで補っているが、普段と比べると明らかに短い。「運動量が減って、少し体重が増えてきた」(赤峰淳部長)ため、打撃練習後はきつめの走り込みと体幹トレーニングを行い、体を徹底的に絞り込んだ。
 坂井(福井)との初戦は13日。三村鷹人主将(3年)は「開会式でスタンドに観戦客がいる状況を確認できたことは大きい。ボールが見えにくくなることも分かった。しっかりとイメージして、準備に励みたい」と話していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索