東龍、死闘制し決勝へ 全日本高校バレー

東龍、死闘制し決勝へ 全日本高校バレー

 バレーボールの全日本高校選手権第4日は12日、東京都の調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の準決勝4試合があった。
 県代表女子の東九州龍谷は、全国高校総体、国体との高校3冠の懸かる下北沢成徳(東京)をフルセットの末に下し、2大会連続の決勝進出を決めた。
 このほか、男子は清風(大阪)が2連覇を狙った鎮西(熊本)に3―0で快勝し、前回準優勝の洛南(京都)は全国高校総体決勝で屈した市尼崎(兵庫)に3―0で雪辱を果たした。
 女子のもう1試合は2連覇が懸かる金蘭会(大阪)が八王子実践(東京)にストレート勝ちした。
 最終日の13日は同会場で男女の決勝がある。東九州龍谷は7年ぶりの栄冠を目指し、前回決勝で敗れた金蘭会とのリベンジマッチに臨む。

 こんなところで終われない|。セットカウント1―2で迎えた後のない第4セットから東九州龍谷が底力を発揮した。連続でセットを奪い、高校3冠を狙っていた下北沢成徳(東京)を撃破。日本一だけを目標に鍛錬を重ねるチームがついに決勝に駒を進めた。
 第3セットを19―25で落とした直後、平山詩嫣主将(3年)は昨夏の全国高校総体、少年女子として臨んだ福井国体の3位という悔しい記憶が一瞬、脳裏によみがえった。第1セットを先取したが、第2、第3セットは厳しいマークで思うようなプレーができていなかった。
 高校最後の大会という重圧の中、「逃げ腰の自分」(平山主将)が顔をのぞかせかけていたという。ただ顔を上げると、諦めている仲間は誰もいなかった。合屋咲希(同)や梅津憂理(同)らの「絶対に大丈夫」「ここから」という声掛けが自然と広がり、「(勝つことだけに)夢中になれた」(平山主将)。
 追い込まれてからの底力は鍛錬のたまものだった。「今まではセットを取られた後に焦ってずるずると負けてきた。だから冷静になろうと心に決めていた」というセッター園田風音(同)の言葉通り、第4セットは培ってきた戦術をフル活用。アタッカー陣の身長は全国的に低いが、コートを目いっぱいに使った速いトスで、生命線でもあるライトからの室岡莉乃(1年)の強打などを生かし、25―23で取って試合を振り出しに戻すことに成功した。
 魂で持ち込んだ15点勝負の第5セットは精神面で相手を追い詰めた。ミスを誘いながら優位に試合を進め、最後は「絶対に決めてほしい」という園田の願いを込めたトスに平山主将が応えた。自慢のクロスを力強くたたき込んで決着。大激戦を制した選手たちの目からは自然と涙が伝った。
 目指す日本一まであと一つ。最後の相手は前回大会決勝で敗れた金蘭会(大阪)。平山主将は「絶対にリベンジする」と、決勝に向けて闘志をみなぎらせた。

 フルセットの大激戦を制して決勝進出を果たした東九州龍谷。「指導してきた中で、過去最高の試合」と相原昇監督が振り返った通り、綿密な対策に裏付けされたチーム一丸の勝利だった。
 準々決勝(7日)終了後、チームは昨夏の全国総体準決勝で敗れた相手対策を練り直した。顔の向いている方向と反対に強打を打ってくる傾向などを踏まえ、膝を大きく曲げてレシーブするなど、守りから形をつくることを徹底した。
 成果はいきなり表れた。吉田鈴奈(2年)らが「練習通りに動けた」と粘り強いレシーブでボールを上げた。また「読みが的中した」という荒木彩花(同)の要所でのブロックも決まり、セット先取につなげた。
 第2、第3セットを落としたが、第4セット以降は「相手は強く、最初からフルセットで戦うことを想定していた」(相原監督)ことが生きた。
 練習時から掲げ続けた戦術ポイントを記したボードで、勝つための約束事を再確認。
 厳しい状況は続いたが、普段通りの動きで狙い通りに僅差の勝負をものにした。
 合屋咲希(3年)は「負ける気がしなかった。むしろいつも以上に冷静でいられた」と話していた。

(焦らず快勝)
 金蘭会は快勝で2大会連続の決勝に進んだ。宮部、西川有ら力のある攻撃陣が好調で、第1、第2セットを10点差で奪った。第3セットは16―21とリードされたが、そこから驚異の追い上げを見せ28―26で制した。主将のセッター中川は「3セット目のような場面が来ると思っていた。焦らずに1点1点集中できた」と納得顔。
 前回の優勝を知るメンバーが多く残るが、総体と国体では決勝で屈した。池条監督は「連覇という気持ちはない」と気を引き締めた。

 ▽女子準決勝
東九州龍谷 3―2 下北沢成徳(東京)

 【評】息詰まる大熱戦を制した東九州龍谷が下北沢成徳の高校3冠を阻んで決勝に進んだ。
 東九州龍谷は第1セット、平山の速攻や梅津の強打で引き離し、25―21で先取した。だが第2セットは23―25、第3セットは19―25と相手の高さとパワーに押されて落とした。
 それでも後のない第4セット、合屋、室岡らの速い攻撃が機能し、25―23で試合をタイに戻した。勝負の第5セットは着実に得点を重ね、15―13で粘る相手を振り切って勝負を決めた。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

大分合同新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索