オスプレイ飛行強行 富川副知事が米軍へ抗議「沖縄として耐えがたい」

オスプレイ飛行強行 富川副知事が米軍へ抗議「沖縄として耐えがたい」

 米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイがオーストラリア北東部沖で墜落した問題で、沖縄県の富川盛武副知事は8日午前、北中城村のキャンプ瑞慶覧で在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官と面談し、抗議した。ニコルソン氏は飛行継続に関し運用上の必要性を強調した。明確な謝罪はなかったという。 富川氏は「飛行は軍の論理だ」とした上で、「沖縄の視点からは耐えがたく、怒りを禁じ得ない」と批判した。面談後、記者団に語った。 ニコルソン氏は「(オスプレイは)沖縄に限らず世界中で飛んでおり、軍の考えだ」と述べ、飛行停止を事実上否定した。事故原因の解明までには時間がかかるとする一方、近日中に日本側へ事故に関する何らかの報告をする意向を示したという。沖縄から反発が上がっていることに対しては「沖縄の憤りは分かる」と述べたという。 富川氏は来週にも来県予定の小野寺五典防衛相に引き続き飛行停止などを申し入れる考えを示した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

沖縄タイムスの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索