沖縄タイムス社は、地方面の人気連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版を開設した。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地を中心に飲食店を探せる。サイト名は「Dikitoon(ディキトーン)」。他のグルメ記事も追加して内容を充実させる。掲載を希望する飲食店も募集している。

 サイトのトップページは、上半分が地図になっており、「胃心地いいね」で取り上げられた飲食店を赤いピンマークで表示。画面下半分は、現在地から近い順番に記事の見出しが並ぶ。ピンマークか見出しをタップすると記事が表示され、詳しく読むことができる。

 記事は掲載時のままの内容で表示されており、現在のサービスと異なることもある。そのため、記事の最下部には「最新の情報を編集部に伝える」というボタンをつけ、情報提供も呼び掛けている。

 スマートフォンで注文と支払いを済ませ、店舗で待たずに商品を受け取る同名の新サービスとも連動。新サービスに対応できる店舗の見出しには「持ち帰り予約」「おクルマにお届け」「店内予約」のボタンが表示される。ボタンからメニュー画面に移動でき、料理を注文できる。

 「胃心地いいね」は沖縄タイムス地方面に毎週金曜日に掲載。社会部や地域報道部の記者が、担当地域で愛される飲食店を取材し、紹介している。料理のおいしさだけでなく、お店の雰囲気や店主の人柄まで伝わると人気を集め、掲載回数は560回を超える。

 紙面で新たに取り上げられる飲食店もサイトに加えていく。

 ニュースサイトの沖縄タイムスプラスで連載している「今日もがっつり! 運転手メシ」も追加予定。これまでの320回分を載せ、内容を充実させる。

 掲載を希望する飲食店も募っている。トップページ右上にある「自薦・他薦」ボタンからメールを送信できる。飲食店からの応募のほか、常連客などからの紹介も期待している。

 アドレスはdikitoon.com。QRコードからも検索できる。試験版のため、利用者の反応を見ながら改善を続け、完成を目指す。

 問い合わせは、沖縄タイムス総合メディア企画局、電話098(943)3221。