モスフードサービス(東京都、中村栄輔社長)は22日から24日までの3日間、那覇新都心店を除く県内20店舗で、産地直送の豊見城産「ちゅらとまと」を使った「デラックスモスバーガー ダブルトマト」を販売する。

 通常より1・8倍の重量のハンバーグをトマトで挟み、トマトの酸味と肉汁のうま味が感じられるようにした。2016年度から産地直送企画として始め、今回で4回目。

 価格は602円(税抜き)で、チーズ入りが630円(同)。また、南城市産のレタスを、通常より約3倍使用した「とびきりハンバーグサンド」も454円(同)で販売する。

 発売日の22日は沖縄西原店、豊見城店、那覇壺屋店、那覇真嘉比店で産地直送の県産野菜を販売するほか、24日までの販売期間中、県内20店舗で「ちゅらとまと」を販売する。

 森野美奈子コミュニケーションマネージャーと浦山茂チーフスーパーバイザーが12日、沖縄タイムス社を訪れ「沖縄の新鮮な野菜を味わってほしい」とPRした。