元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で、現在WBC世界バンタム級7位の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=は13日、東京・後楽園ホールで再起戦を行った。119ポンド契約8回戦でフィリピンバンタム級11位のジェイソン・ブエナオブラと戦い、6回2分25秒TKOで約2年ぶりに勝利し、復活を飾った。比嘉の戦績は17戦16勝(16KO)1敗。

 比嘉は世界フライ級王者だった2018年4月、3度目の防衛戦で体重超過してベルトを剝奪され、ボクサーライセンス無期限停止処分を受けた。一時は引退も考えたが処分が昨秋解け、再びリングに戻ることを決めた。