新型コロナウイルス感染拡大防止のため沖縄県沖縄市の南桃原区公民館玄関前に4日から張り付けてある利用制限表示と消毒用アルコールの前に置かれたビーグル犬の置物が、子どもたちに人気だ。

 置物は昨年、区民から寄贈されたもの。これまでは公民館事務所のカウンターに置いてあった。制限表示の表現が無味乾燥だったので「少しでも心が和やかになれば」と表示前に置いたという島袋由香自治会長。通りすがりの子どもたちや区民が、置物につられて手を消毒する姿をよく見掛けるようになった。「招きネコ」ならぬ「招き犬」の予期せぬ効果に目を細めている。

 平良海さん(10)と桃さん(8)の姉妹は「いつも公民館で遊んでいる。ビーグルが超かわいい」とにっこり。喜屋武渚さん(10)は「消毒してからホールで遊んでいる。ビーグルの名前はなんにしようかなー」と思案中だ。

 自治会では今後、置物を会のマスコットとして活用し、名前を募集する予定。(翁長良勝通信員)