那覇市内のホテルに勤める男性が、新型コロナウイルスに感染したことを受け、沖縄県内の観光事業関係者からは、観光客のさらなる減少を懸念する声が上がった。一方で、観光関連施設の感染防止態勢の強化や、正確な情報を包み隠さず公表し、少しでも不安を取り除くべきだとする意見も相次いだ。 

 県ホテル旅館生活衛生同業組合の宮里一郎理事長は「現状も厳しい中、観光客の減少は避けられず組合員にも不安が広がっている」と不安視する。その上で「宿泊施設は多くの宿泊客と接するため、感染のリスクは避けられない。しかし、手洗いやアルコール消毒など、打てる対策を徹底し、少しでもお客さまの不安を取り除きたい」と述べた。同組合は近日中にも対策会議を開き、組合員向けに防疫対策を徹底するよう通達する。

 県内ホテル大手のかりゆしの平良朝敬オーナーは「どのホテルも防疫対策に注力してきた中で、感染者が出たのは残念だ」と肩を落とす。「重要なのは人ごとと捉えず、今まで以上に防疫対策に取り組んでいきたい。施設の消毒だけでなくスタッフの健康管理にも一層気を使っていく」と話した。

 JTB沖縄の杉本健次社長は「今後も観光関連施設で感染者が出る可能性は否定できない」としつつ、「重要なのは、感染者が出た事業者の情報を公表できる範囲でしっかりと明かし、保健所の指示に従った防疫対策に取り組む姿勢を示すことで、利用客が疑心暗鬼にならずにすむ」と指摘。また、「事業者の情報を公表することは勇気のいる決断だが、被害を最小限にとどめるためには重要だ」と強調した。