新型コロナウイルスの影響を受け、活動再開や新規展開に取り組む文化芸術・エンターテインメント関係者に対し、県は100万円を上限に支援する。団体やフリーランスを含む個人事業主が対象。

 プロの実演家だけでなく美術や地域の文化活動、技術関係者なども含まれる。県文化振興会によると文化関係事業に特化した県の支援は初めて。

 新型コロナウイルス感染防止対策に必要な消毒液などの物品購入やシンポジウム・研修会の開催、文化芸術活動の配信に関する経費、医療的観点を盛り込んだ公演実施ガイドラインの研究、文化芸術資源を活用して地域の問題解決を促進する取り組みなどが対象。

 交付決定(9月上旬予定)から2021年1月末までに完了することが条件となる。応募受け付けは7月1〜31日まで。那覇市、宮古島市、石垣市で説明会を開く。

 詳しくは沖縄アーツカウンシルのホームページ。問い合わせは沖縄県文化振興会、電話098(987)0926。