【桜坂劇場・下地久美子の映画コレ見た?】「湯を沸かすほどの熱い愛」 末期がんの母、家族再生

【桜坂劇場・下地久美子の映画コレ見た?】「湯を沸かすほどの熱い愛」 末期がんの母、家族再生

 誠にせんえつではございますが、7日から上映している「湯を沸かすほどの熱い愛」は、見逃したらきっと後悔します。 宮沢りえ演じる肝っ玉母ちゃんの双葉は末期がんを患い、余命わずかと宣告される。だが、気丈な彼女は限られた時間でやるべきことを成していく。 まずは家出した夫(オダギリジョー)を連れ帰って家業の銭湯を復活させ、引きこもりがちな娘(杉咲花)を独り立ちさせる。双葉が必死に動くことで、ばらばらだった家族が再び絆を取り戻していく物語。 愛が人を救い、人を癒やす姿を目にするのは、この上ない幸せだと感じさせてくれる。温かさに満ちた物語だが、ラストがこれまた衝撃的。 どうぞ、このすてきな作品に思いっきり感動してください!(桜坂劇場・下地久美子)◇桜坂劇場で上映中

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

沖縄タイムスの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

05時00分更新

沖縄のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索