J・デップ、日本語で「こんにちは」を連発 舞台あいさつでボケまくり

J・デップ、日本語で「こんにちは」を連発 舞台あいさつでボケまくり

 ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)の“夏祭りプレミア”と称したイベントが20日、都内で開催され、孤高の海賊ジャック・スパロウ役のジョニー・デップ(54)が出席。日本語で「こんにちは」を連発したり、「皆で食事に行こうよ」と言ってみたり、終始ご機嫌だった。

 今回、ジャックとともに大冒険を繰り広げるヘンリー・ターナー役のブレントン・スウェイツ(27)、カリーナ・スミス役のカヤ・スコデラリオ(25)も来日し、デップとともに会場をわかせた。さらに日本語吹き替えを務めた栗山千明(32)、中川大志(19)も登壇し、一緒に作品をPR。幸運にもイベントに参加することができた約250人のファンも、ジャックのコスプレなどで着飾ったり、メッセージボードを用意したり、思い思いの楽しみ方でイベントを盛り上げた。

 デップは、「ファンとしてずっと観てきた作品だったので、今回、パイレーツの世界に参加させていただき、いま、出演のお三方とこの場に並んでいることが夢をみているような気持ちでいっぱいです」と感激している中川に「これは全部、夢ですよ」と茶々を入れたり、自ら歩み寄って栗山や中川とハグをしたり、通訳の声に合わせて口パクをして見せたかと思えば、マイクを放り投げたり。

 「この映画は小さな独立系の映画です。予算もほとんどなくて、私たちは愛だけで作りました。一銭も稼げまていせんし、というのは全部嘘っぱちです。映画を楽しんでください」などとボケてばかり。自由きままなジャック・スパロウのように振る舞ってファンを喜ばせた。

 来日ゲストへのプレゼントとして、早稲田大学よさこいチーム「踊り侍」メンバー54人が登場し、よさこいパフォーマンスを披露すると、デップは「レイクタホに住んでいた頃は僕もしょっちゅう(よさこいを)踊っていたのですが、釘を踏んづけてからは踊っていないので、きょうは僕のかわりにブレントンとカヤが踊ります」とあろうことか、ほかのゲストに無茶ぶり。

 それも慣れているのか、ブレントンは「僕もきょうは落としたコインを拾おうとするだけでズボンを破ってしまいそうだからやめておくよ」とユーモアで切り返し、「証明してみせろ」とデップが大人気なく食い下がるひと幕もあった。

 最後は日本語で「ありがとう、ジャパン」といってステージを後にした。

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索