松本幸四郎、2代目白鸚襲名で「親孝行ができると思うと感無量」

松本幸四郎、2代目白鸚襲名で「親孝行ができると思うと感無量」

 来年1月に2代目松本白鸚、10代目松本幸四郎、8代目市川染五郎を襲名する、歌舞伎俳優の松本幸四郎(74)、市川染五郎(44)、松本金太郎(12)が3日、東京・銀座の和光本店で行われた『高麗屋三代襲名記念展』のオープニングセレモニーに出席した。

 直系の親・子・孫3代の同時襲名は、1981年に同じく高麗屋が初代白鸚、9代目幸四郎、7代目染五郎を襲名して以来、37年ぶり2度目となる稀な慶事。来年1月に歌舞伎座で襲名披露興行が行われるが、きょう3日から9日まで銀座の和光本店では『高麗屋三代襲名記念展』を開催し、舞台衣装や貴重資料を展示。3人の足跡を辿る。

 2代目松本白鸚の襲名まで半年を切り、幸四郎は「カウントダウンに入りました。また新しい名前で親孝行ができると思うと感無量です」と笑顔。感慨深げに展示品を眺めると「魂込めた懐かしい、愛おしい品ばかり。お時間許す限り、皆さんにも楽しんでいただければ」とほほ笑みながら呼びかけた。

 金太郎も初々しく襲名への思いを語ると、温かい眼差しを向けていた染五郎は「これまでのことが間違いではなかったと証明するために来年1月から『松本幸四郎』として努めていきたい」と決意新たに語っていた。

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索