吉沢亮、ダークヒーローぶりを内田理央が絶賛「ゲスかっこいい」

 俳優の吉沢亮、女優の内田理央らが3日、都内で行われた主演映画『トモダチゲーム 劇場版 FLNAL』(9月2日公開)の完成披露イベントに出席した。

 吉沢は、ドラマ版から今作まで計3作を演じてきた主人公・片切友一について「すごく頭のキレるやつで、発想がすごく恐ろしい、あまり普通の人間が思いつかないことを平気でやってのける男」といい「結果的に友達を救うダークヒーロー的な要素があって、かっこいいなと思ってやっていた」としみじみ。「みんなで頑張っていいものを作ってるという自信はある」と手応えをにじませた。

 共演の内田からは「吉沢君のゲス顔がめっちゃ、ゲスかっこいい」と内田流の賛辞を送られ、山田裕貴からは「生んだね、新たな言葉を」とツッコミが入るなど、共演者の息のあった掛け合いで会場を笑いに包んでいた。

 同作は『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の、原作・山口ミコト氏、漫画・佐藤友生氏による人気作品の劇場版第2弾。高校生・片切と友達たちが、大金のかかった謎のゲームに強制参加させられ、友情を試される過酷な状況下で疑心暗鬼になっていくさまを描き出す。

 舞台あいさつにはそのほか、大倉士門、根本凪、永江二朗監督が出席した。

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索