人間国宝・坂東玉三郎、22年ぶりアルバムで越路吹雪さんカバー コンサートも決定

人間国宝・坂東玉三郎、22年ぶりアルバムで越路吹雪さんカバー コンサートも決定

 人間国宝の歌舞伎俳優・五代目坂東玉三郎(67)が、11月8日に22年ぶり2作目のアルバム『邂逅 〜越路吹雪を歌う』を発売することが決定した。1957年、坂東喜の字として初舞台を踏み、芸能生活60年の節目に、敬愛する“シャンソンの女王”越路吹雪さんの名曲を歌い継ぐシャンソンアルバムをリリースする。

 歌舞伎界が誇る当代一の女形、玉三郎。映画監督、舞台演出家など、さまざまな芸術的分野において傑出した才能を示し、人間国宝、紫綬褒章、フランスの最高勲章であるレジオン・ドヌール勲章を受章するなど、世界的にも称賛されているが、歌い手としての実力も知られるところ。3月29日には敬愛してやまない越路吹雪さんの三十七回忌追悼特別公演に出演し、晩年の代表作でもあったシャルル・アズナヴール「妻へ」を歌唱したことで、改めてシャンソニエとしての評価を高め、『邂逅 〜越路吹雪を歌う』を発表することが決まった。

 1995年以来22年ぶり2作目となるアルバムでは、越路さんが歌唱したシャンソンの名曲14曲を、魂を込めて歌い上げた。越路さんの功績を歌い継ぐため、選曲にも並々ならぬ思い入れを見せ、「少しでも多く人に伝えていきたい」と隠れた名曲とも言えそうな楽曲を多く選んだ。発売日は越路さんの命日の11月7日に店着、翌8日にリリースとなる。初回限定盤の付属DVDにはビクタースタジオで撮影されたレコーディングドキュメント映像および追悼公演で歌唱した「妻へ」が収録される。

 発売を記念し、11月8・9日の2日間、越路さんゆかりの地でもある東京・銀座のヤマハホールでコンサートを行うことも決定。チケットは9月16日から一般発売が開始される。

 玉三郎は「敬愛する越路吹雪さんのすばらしい歌を、将来の人たちにも歌いつづけてもらうために、今回、三十七回忌を機に、久しぶりのレコーディングに臨みました。ステージでも皆様にお会いできるのを楽しみにしております」とのコメントを寄せた。

■坂東玉三郎 『邂逅 〜越路吹雪を歌う』
・ジュテムレ(フランシス・カブレル)
・急流(グロリア・ラッソ)
・枯葉(イヴ・モンタン)
・アマリア(越路吹雪)
・ボラ・ボラ・アイランド(越路吹雪)
・ひとりぼっちの愛の泉(越路吹雪)
・人の気も知らないで(ダミア)
・妻へ(シャルル・アズナヴール)
・離婚(ミッシェル・デルペッシュ)
・18歳の彼(ダリダ)
・群衆(エディット・ピアフ)
・アコーディオン弾き(エディット・ピアフ)
・最後のワルツ(エディット・ピアフ)
・ユーヌ・シャンソン(シャルル・デュモン)
※曲順未定、カッコ内はオリジナルの歌唱アーティスト

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索