船越英一郎、離婚調停中の心境語る「悪くても感謝」

船越英一郎、離婚調停中の心境語る「悪くても感謝」

 俳優の船越英一郎(57)が24日、都内で行われたテレビ東京ドラマ特別企画『テミスの剣』(27日放送 後9:00)の制作発表会見に出席。妻・松居一代(60)と離婚調停中の船越は、記者から「自分の信念は?」と作風になぞらえた質問を受けると「悪いこと起きても全部感謝しよう」とほほ笑みながら話していた。

 「世の中にはいろんなことが起きます。すてきなこともあれば、とんでもない悪いこともある。自分が想像しないような事態が起きます」。そう切り出した船越は「悪いことが起きても全部感謝しようと。いろんなことが起きて、それを乗り越えると、その前よりすてきな自分がいて、強くなる自分がいる。悪いこと起きても全部感謝しよう。ひどいことを言われても、言った人に感謝しよう。悪くても感謝という言葉を隣に携えている」と語った。

 去り際には、報道陣から直撃を受け「『乗り越える』という言葉は騒動について?」との問いには「悪くても感謝。それに尽きます」と一言。「今回の騒動は乗り越えられそう?」との声には「…そうですね」と多くを語らず、体調を心配する声には「大丈夫です」と笑みを浮かべて返答した。

 船越は、ブログや動画などで自身の不倫疑惑などについて暴露を続ける松居に対し、名誉毀損や業務妨害などを理由に、法的措置の準備に入っている。船越が所属するホリプロは「松居一代氏の、当社所属タレント船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉毀損(きそん)および業務妨害などを理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝えいたします」とコメントしている。

 会見にはそのほか、上川隆也、伊東四朗、原作者の中山七里氏が出席。同ドラマは、中山氏の同名小説(文春文庫)を映像化。上川は、20数年にわたって事件の真相を追う刑事役。船越は東京地方検察庁の検事を演じる。

 主演を務める上川は「台本を手にした時は楽しく読ませていただいたけど、演じるとなったら一気に重く、責任感も伴ってのしかかってきた」と回顧。劇中では、さまざまな伏線が張り巡らされており、登壇者たちはネタバレを気にして戦々恐々の様子。上川も「薄氷を踏むような気持ちです」と恐る恐る語りながら撮影時を振り返っていた。

 船越も「一言をいうと全部がネタバレになってしまう。すごい気を使って話さなければならない。それでも聞きますか!?」と明るく振る舞い、笑いを誘う一幕も。検事役を通じて「僕のセリフで『力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力だ』という言葉がある。まさに法というのは、置き換えれば権力とイコールになる。それが正義を貫いて、我欲を捨てて自分を律しながら生きていくのが難しいことなのか、大変なことなのか(痛感した)」と話していた。

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索