「大切なお知らせ」がトラウマワード化 “あおりタイトル”に求められる変化とは

 先ごろ人気アイドルグループ・関ジャニ∞の渋谷すばるが、今年の12月31日をもって事務所を退所することを発表して以来、依然ファンの悲痛な声は続いている。そのように、人気グループやバンドの脱退、結婚、卒業、解散といった重大な知らせの際に多用されるのが「大切なお知らせ」といった内容を予測できないタイトルだ。時に“あおり”や“釣り”にも使用されるエンタメ業界の伝統芸ではあるが、やはり同タイトルにトラウマを感じるといった声がSNSなどで散見される。SNSや公式サイト等の自己発信による告知が主流となった今、「大切なお知らせ」はどうあるべきなのか?

■脱退、解散、結婚…「大切なお知らせ」を見る度に寿命が縮む思いのファン

 渋谷すばるの脱退・退所報道の経緯は、(1)4月13日に『フライデー』(講談社)が脱退を報道、(2)4月15日午前9時半ごろ、「関ジャニ∞のメンバーから、大切なお知らせがあります」として、関ジャニ∞のファンクラブ会員に限定メールが届く、(3)予告していた午前11時にファンクラブ会員サイトで渋谷すばるの脱退・退所を発表、(4)安田章大以外のメンバーの記者会見が行なわれ、各種ワイドショーでも報道される、といった流れだった。

 この「大切なお知らせ」メールから公式発表まで間、SNSでは「もうあと20分…お腹痛くなってきた」、「お願いお願いすばるくんお願い」「報道の否定であってほしい」等々、ファンたちの悲鳴にも似たつぶやきで溢れ返ったのである。こうした「大切なお知らせ」方式をとるタレントは多く、最近ではダンス&ボーカルユニット・超特急のメンバー・コーイチの脱退、6人組バンド・Brand New Vibeの解散発表等々、それぞれの公式サイトで「大切なお知らせ」や「ご報告」といったタイトルが用いられている。

 もちろん、お知らせの内容が期待通りであったり、たとえばX JAPANのようにあえて頻繁に“重大発表”を予告したりする例もある。ファンたちはそのたびに「YOSHIKIがついに結婚!?」、「22年ぶりのスタジオアルバム発表!?」、「まさかの解散とか…」などとSNSで盛り上がるのだが、実際は映画の公開日や、サウンドトラックの発売など、「そこまで重要なのか…?」といったものも。“重大度”の高低差による“ズッコケ”にもファンたちも徐々に慣れ、今ではネタとして楽しむ包容力さえ見せているというレアケースもある。

 しかし、実際は脱退や解散といった発表後のSNSでは「『大切なお知らせ』を見ると寿命が縮む…」「『大切なお知らせ』は一生しないでほしい」「大切なお知らせ怖い」「『大切なお知らせ』しんどい」と言った投稿が頻出。たびたび報じられる脱退や解散といった「大切なお知らせ」が寂しいお知らせの象徴として“トラウマワード”と化している。

■“あおり”“釣り”のテロップやタイトル、エンタメ業界伝統芸の今昔

 だが、“大切”や“重大”、“緊急”などの“お知らせ”形式は、テレビ業界やネットビジネスでは昔からある手法。特にテレビの場合は「正解はCMの後!」といった“あおり”や、ボクシングや格闘技中継でよくある「この後、ついに世紀の決戦!」はよく見ただろう。「この後」と言いつつ実際は試合開始が2時間後といった“釣り”はかつての常套手段だった。

 しかし、こうした露骨な“あおり”や“釣り”は、視聴者が「不愉快」と拒否反応を示すように。最近ではCMを入れるタイミングも自然になり、「あと○分で登場」といった表現に変化した。さらに、SNSで事前にタイムテーブルを発表するような親切さまで発揮している。

 また、その手の“ベタ”となったかつての“あおり”や“釣り”を逆手にとり、ネタとして昇華させるのも定番に。バラエティ番組などでタレントが話に詰まり、「続きはCMの後!」と逃げて笑いを取る…なんていう場面はよく見かける。他にも、かつては「重大発表!」とあおっていた番宣も変化。『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)などで、授業中に先生役の大学教授がいきなり「ところで〇〇さん(ゲスト出演者)の出ているドラマは…」と切り出すと、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也が「なに先生、勝手に番宣はじめちゃってるんですか!」と突っ込むという、“流れ”で告知する新しいスタイルも見られるようになった。

■「大切なお知らせ」がネタ扱い? “本当の”大切なお知らせに求められる直球タイトル

 では、ネット上にある「大切なお知らせ」はどうだろうか。もちろん、“衝撃を和らげる”ワンクッションの意味は当然あるだろう。そして、一見無難な「大切」「お知らせ」「ご報告」は興味をそそり確実にクリックさせる“マジックワード”でもある。しかし、一般ユーザーのブログであえて「大切なお知らせ」とタイトルをつけて節目の報告をしてみたり、エイプリルフールに「大切なお知らせ」で“ウソの発表”をしたりと、もはや公式発表を飛び越えて一般ユーザーの間でネタとして常態化してしまっている状況だ。

 だからこそ、タレントの節目の発表に“ベタ”なネタと化しつつある「大切なお知らせ」を使い続けている点に、ファンも疑問を抱くのだろう。むしろ「“大切なお知らせ(脱退)”みたいにタイトルでわかるようにしてほしい」、「タイトルで心の準備を整えてから詳しく読みたい」のように懇願されている状況だ。

 そして、かつては「大切なお知らせ」「ご報告」を多用していたアイドル大所帯のハロープロジェクトやAKBグループも、ここ最近はメンバー名を入れて「休養のお知らせ」「卒業に関するお知らせ」といった具体的なタイトル表記をすることが増えた。事実、ファンも「その方がありがたい」「できるじゃん」と好意的に受け入れているようだ。

 「大切なお知らせ」のように、人の心をざわつかせるキーワードを使った“あおり”や“釣り”の手法はテレビや雑誌、そしてインターネットへと受け継がれてきた。それを受け止めるユーザーも今ではエンタメとして楽しむようになっている。しかし、その一方で、便利で速報性の高いネット社会の今だからこそ、本来の意味の「大切なお知らせ」をするときには、思わせぶりに頼らずストレートな表現で確実に伝えることも効果的な手法なのかもしれない。

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索