朝原宣治氏が公式競技への復帰を決意 武井壮と“世界記録”目指す「最強の仲間と」

朝原宣治氏が公式競技への復帰を決意 武井壮と“世界記録”目指す「最強の仲間と」

 タレントの武井壮(45)が、ブラックマヨネーズの小杉竜一(44)とともにMCを務める毎日放送『戦え!スポーツ内閣』(毎週水曜 後11:56※関西など8局ネット)が13日深夜放送。北京五輪(2008)の陸上男子4×100メートルリレーで、男子トラック種目として日本史上初メダルを獲得した日本チームのアンカー朝原宣治氏(大阪ガス所属)と今年9月にスペインで開催される『世界マスターズ陸上2018』に出場することを発表するとともに、M45クラス(男子45〜49歳)の4×100メートルリレーで、メダルと世界記録(現在の世界記録43秒42)を目指すことを宣言した。

 北京五輪以来、公式競技に出場することなく、選手として事実上引退をしていた朝原氏だが、2015年にM40クラス(男子40〜44才)の4×100メートルリレーで金メダルを獲得している武井らの呼びかけで、公式競技への復活を決意。大学から陸上競技をスタートした武井が、初めて出場した国体で共に兵庫県代表としてリレーを走ったのが朝原氏で、2人が25年ぶりのタッグを組んで、今回は「世界記録」を目指す。

 また、2人をつなぐもうひとつの縁は、オリンピックの翌年2021年に関西で開催される『ワールドマスターズゲームズ-2021-関西』。武井は同大会の応援大使で、朝原氏は所属する大阪ガスが同大会の協賛企業、という形で関わってる。ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰。概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会となる。2021年の関西大会はアジアでは初の開催となり、今回の出場は、2人が関わるこの大会を盛り上げる意味合いも持っている。

 朝原氏は「北京オリンピックでメダルを獲ってから10年たち、また新たな挑戦をするチャンスが巡ってきたことに喜びを感じています」と力を込め「私自身の気力・体力向上という個人の目標もありますが、今、若い世代から世界トップレベルになっている日本のリレーの強さをマスターズ世代でも世界に示したいと思います。そのために、我々は金メダルと世界新記録を目標に向かっていきます! 皆さん、応援よろしくお願い致します」と意気込み。

 元・陸上十種競技日本チャンピオンの武井も「前回行われた世界マスターズのフランス大会では金メダルを取る事はできましたが、世界記録を逃し悔しい思いをしました」と振り返りつつ「今回は、25年前に僕が初めて出場した国体で兵庫県代表としてリレーをともに走った朝原宣治さんをメンバーに迎えて再び世界記録樹立を目指します! 最強の仲間と共に新しい夢を叶える姿を皆さんにお見せするため、全力で走り抜けたいと思います。これまで地球に生まれた45歳以上の4人で、陸上トラック一周を最も速く駆け抜ける瞬間をお楽しみに!」とメッセージしている。

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索