出川哲朗、自身初のフジゴールデン冠番組「夢のよう」 医療モノで新境地見せる?

出川哲朗、自身初のフジゴールデン冠番組「夢のよう」 医療モノで新境地見せる?

 タレントの出川哲朗(54)が、8月3日放送のフジテレビ系の医療バラエティー『出川哲朗の病院の歩き方』(後7:00〜9:55)で、同局のゴールデン帯では自身初となる冠番組のMCを務めることが、わかった。芸人として、過酷なロケや罰ゲームなどで体を張り続けてきた出川と“医療”という今までなかった新鮮な組み合わせが実現する。

 昨年の急性胆管炎での入院がきっかけで健康について見直すようになったという出川のために、同番組では、出川と健康に不安を持つ芸能人が、世間でうわさの最新医療を体験すべく病院を訪問。また、夏の生活に役立つ身近な医療情報や、知ってそうで知らなかった病気の仕組みなど、リアルガチな医療情報に迫っていく。

 まず出川が向かったのは、去年自身が入院していたという順天堂大学病院。最先端の手術支援ロボット「ダヴィンチ」の操作に挑戦することとなったが、人の手と同等以上の可動域がある上に、手ブレ制御機能まであるという手術支援ロボットであるダヴィンチの精度の高さを体感する。さらに、夏にぴったりの医療情報も紹介される。

 出川は、今回のMC抜てきについて「フジテレビで初めて、ゴールデン帯で冠番組をやらせてもらうので、ありがたいしかないですね。番組に自分の名前がつくっていうのは限られた人しか出来ないので、もう夢のようですね」とコメント。

 「ただ“医学もの”ということで、『医学系の名前とかを一切覚えられないし、カンペでも説明できないから!』と言ったら、僕はそれをやらなくていいと言われ、なんという太っ腹な番組だと。『出川さんはイチ視聴者として思ったことを言ってもらえれば』ということでしたので、視聴者代表としてこの番組を届けたいです」と意気込んだ。

 健康についても改めて感じる部分があったようで、「高額でも、格安でも、体を治していただけるんだったら、体が結局本当に一番ですから。仕事や家庭がうまくいっていようが、体を壊してしまったら元も子もない。私は去年入院して、つくづく思い知らされました。その時も番組を10本ぐらい飛ばしてしまい、CMの撮影も飛ばしてしまい、皆さんに多大な迷惑をかけてしまったので、体ほど大事なものは無い、というのは思い知らされましたね。健康であることは一番」とかみしめるように語っていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索