豪雨被害の「獺祭」“島耕作”ブランドで販売へ 作者・弘兼憲史氏が故郷の復興に一役

豪雨被害の「獺祭」“島耕作”ブランドで販売へ 作者・弘兼憲史氏が故郷の復興に一役

 漫画『島耕作』シリーズの作者・弘兼憲史氏が2日、東京・講談社本社で行われた、西日本豪雨被災者復興支援商品『獺祭 島耕作』商品説明会に旭酒造の桜井博志会長、桜井一宏社長とともに出席。豪雨の被害で出荷できなくなった純米大吟醸酒「獺祭」を“島耕作”の名を冠し販売することが発表された。

 7月の西日本豪雨の影響で、弘兼氏の故郷・山口県岩国市で「獺祭」ブランドの日本酒を製造する旭酒造は、前の川があふれ酒蔵の1階が70センチ程度浸水し送電線の破断により3日間の停電が発生する被害を受けた。この影響で、150本の発酵タンク(50万リットル強、四合瓶換算で70万本)の温度がコントロール不能となり、通常の「獺祭」として出荷できなくなった。

 そこで今回の説明会では、通常のブランドで出せなくなった純米大吟醸酒を、島耕作が商品ラベルになった「獺祭 島耕作」として、8月10日から旭酒造WEB店や直営店などで販売する運びとなった。

 これは、故郷の被害に心を痛めていた弘兼氏が、以前より旭酒造との親密な付き合いがあったことから実現した被災者支援商品で、販売価格4合瓶の価格1200円(税別)のうち、200円が西日本豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付される。

 弘兼氏は「豪雨の時、桜井会長に連絡したら『大丈夫ですよ』と言っていたのですが、ニュースを見たら大きな被害になっていて。こちらから、『島耕作』を使って何かできないかと提案したら、『私たちだけでなく、被害地全体の復興支援でやりましょう』と話になりました」と経緯を説明。

 「最初は、泥水が被った商品を私が買い取ろうとしました」と明かすと、桜井会長は「どんなに密封していても、泥水が被っていると細菌が入る。私どもとしては、それを提供することができない」と伝えた。

 さらに、桜井会長は「泥水を被った物は全て廃棄し、今回販売するのはタンクの上の方にあった物。ただ、3日間の停電で温度コントロールができなかったため、通常の商品(=獺祭)として販売することができない。ですので、新ブランドとして販売することにしました」と告白。3日の停電で味は変化するが物によってはそこまで大きな変化がないこともあり、桜井社長は「試飲して『これ、おいしいな〜』と思う物が中にはあって、悔しい部分はあります。ただ、それは通常の獺祭としては少し物足りないので、それらをドンドン卸しています」と、一本3万円相当の味の商品も含まれていると語った。

 『島耕作』は弘兼氏と同じ山口県岩国市出身。今回の復興支援についてどう思っているのか聞かれた弘兼氏は「同じ出身地ということもあって、僕と同じ気持ちだと思います」と2人で協力して復興支援すると宣言した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索