『翔んで埼玉』県民の「苦情ゼロ」 監督&原作者が感謝「足を向けて寝れない」

『翔んで埼玉』県民の「苦情ゼロ」 監督&原作者が感謝「足を向けて寝れない」

 映画『翔んで埼玉』の応援上映付き舞台あいさつが19日、都内で行われ、原作者の魔夜峰央氏、武内英樹監督が出席。公開から1ヶ月以上が経ち、興収30億円を超えるヒットを記録。この日の劇場にも多くのファンが駆けつけ、武内監督は「埼玉県民の方から苦情がゼロだった。公開初日に向けて(クレーム対応用の)Q&Aを作っていたけど、電話が全くなかった。不思議な人達ですね〜」と明かした。

 “究極のディスり漫画”を生み出した魔夜氏も「埼玉の方だから許してもらったんだと思う。『翔んで京都』『翔んで兵庫』…。これは怖いですよね。やっぱり埼玉の人には足を向けて寝られません」と感謝。客席には「33回」も鑑賞した大ファンの姿があり、「どこまでQUEEN(『ボヘミアン・ラプソディ』)に近づけるか…」とさらなるヒットに期待を寄せた。

 同映画の舞台は、東京屈指の名門校・白鵬堂学院。生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出会いから語られる。見るからに東京都民の麗だが、実は埼玉の手形制度撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。最初は埼玉県民をかばう麗に納得がいっていなかった百美だが、なぜか心ひかれていく。次第に、埼玉デューク(京本政樹)、千葉解放戦線のリーダー・阿久津翔(伊勢谷友介)も登場し、どちらが通行手形を撤廃できるかという“茶番劇”に発展していく。

 この日のイベントでは、埼玉vs千葉の対立シーンを上映し、観客たちがそれぞれの県を大声で応援。独特の空気感を体験した魔夜氏は「こういう映画の見方もあるんですね」と度肝を抜かれていた。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索