ザ・シネマが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の新録吹き替え版を制作・放送 マックス(トム・ハーディ)役は宮内敦士

ザ・シネマが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の新録吹き替え版を制作・放送 マックス(トム・ハーディ)役は宮内敦士

 洋画専門CS放送「ザ・シネマ」が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の吹き替え版を新たに制作し [ザ・シネマ新録版]として放送することが決定した。吹き替え版の声優は、マックス(トム・ハーディ)に宮内敦士、イモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)に安原義人、フュリオサ(シャーリーズ・セロン)に本田貴子がキャスティングされている。

 ザ・シネマは、過去に民放TVの洋画番組を見て育った洋画のファンの方に向けた「この俳優にはこの声優」というこだわりの吹き替え版の放送に力を入れている。今回2011年の『ブレードランナー ファイナル・カット [日本語版]』、2017年の「エイリアン」シリーズ第5作『(吹)プロメテウス[ザ・シネマ新録版] 』、2019年の『(吹)LIFE!/ライフ[ザ・シネマ新録版]』に続き、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の吹き替え版を制作し、 [ザ・シネマ新録版]として放送する。

 主役のマックス(トム・ハーディ)を演じる宮内敦士は、トム・ハーディやジェラルド・バトラーの吹き替えを数多く担当。JJ版『スター・トレック』シリーズのDr.マッコイも持ち役としている。敵役のイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)を演じる安原義人は、ミッキー・ローク、メル・ギブソン、ゲイリー・オールドマンら幾多のハリウッドスターの声を受け持ってきた大ベテランで、『マッドマックス』、『マッドマックス2』、『マッドマックス/サンダードーム』でも吹き替えを担当している。

 そしてヒロインのフュリオサ(シャーリーズ・セロン)役の本田貴子は、シャーリーズ・セロンをはじめ、ハル・ベリー、ヒラリー・スワンク、ミラ・ジョヴォヴィッチの代表作に数多く出演。『(吹)プロメテウス[ザ・シネマ新録版]』、『アトミック・ブロンド』、『タリーと私の秘密の時間』でも吹き替えを担当している。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(C) Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索