AKB48、歴史をちりばめた原点回帰のMV 初センター・矢作萌夏「激エモな内容が詰まってます」

AKB48、歴史をちりばめた原点回帰のMV 初センター・矢作萌夏「激エモな内容が詰まってます」

 アイドルグループ・AKB48の令和第1弾となる56thシングル「サステナブル」(9月18日発売)のミュージックビデオ(MV)が21日に公開となった。

 半年ぶりのリリースとなるシングル表題曲のMV撮影は7月初旬、花々が咲き誇る富良野や旭川などの大自然を舞台に、初の北海道オールロケで行われた。AKB48の“神曲”を多数生み出した井上ヨシマサの楽曲、AKB48の多くの名作ミュージックビデオやドキュメンタリーを手掛けた高橋栄樹のディレクション、そして振り付けは牧野アンナという「黄金タッグ」の復活により、令和第1弾にして平成のAKB48の歴史を散りばめた“原点回帰”の作品が生み出された。

 ドラマシーンでは、2006年(デビュー)、2009年(大ブレイク前夜)、2013年(恋チュンブーム)、2018年(変革の年)、2019年(現在)、そして未来の2028年が描かれる。「言い訳Maybe」の自転車レース、「恋するフォーチュンクッキー」の商店街、そして10年後にタイムカプセルから取り出された「センチメンタルトレイン」のCDを見つめる松井珠理奈…。06年は、加入1年半にして初のセンターに抜てきされたドラフト3期生の矢作萌夏を軸に、メジャーデビュー曲「会いたかった」のMVを彷彿とさせるカットが挿入され、感慨深いシーンとなっている。

 矢作は「画角やシチュエーションなども『会いたかった』に寄せていて、撮影してくださるスタッフさん側でも、『前田(敦子)さんを意識して撮っているんだろうなぁ』と思いましたし、私自身も意識してしまいました」と明かし、「このMVを通してAKB48の歴史をみなさんに思い出していただいて『あっエモいなぁー』って思っていただけたら、嬉しいです」とアピールした。

 高橋監督は「もう10年以上、いつの時代にも寄り添うAKB48の歌があり、私たちは時代時代で、その楽曲と共に生き、支えられてきたと思っています。そのことをあらためて、MVをご覧いただく皆様と共有したい思いで作りました」と今作に込めた想いを語っている。

■AKB48 56thシングル「サステナブル」センター 矢作萌夏コメント
激エモな内容が詰まったMVです。
このMVを通してAKB48の歴史をみなさんに思い出していただいて「あっエモいなぁー」って思っていただけたら、嬉しいです。
ドラマシーンではデビューシングルの「会いたかった」の時代を演じさせていただいたのですが、画角やシチュエーションなども「会いたかった」に寄せていて、撮影してくださるスタッフさん側でも、「前田(敦子)さんを意識して撮っているんだろうなぁ」と思いましたし、私自身も意識してしまいました。
自転車のシーンだったり、制服でジャラジャラのケータイ持ってたり、本当に”高橋栄樹さんワールド”全開で王道なとってもかわいいMVでした。
センターに立たせていただきますが、まだまだ未熟な私なので、このシングルでの活動を通して成長できればと思います。


関連記事

おすすめ情報

ORICON NEWSの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索